インスタ映え写真を撮り放題 ウィラー「ジェニックビークル」(仮称)配車へ

ウィラーがベトナムで、SNS映えする「フォトジェニック」な写真を好む旅行者をターゲットにしたクルマの配車サービスを開始します。

車内で観光ガイドサービスを受けられる

 高速バスや旅行マーケティング事業を手掛けるウィラーは2017年6月12日(月)、ベトナムで「ジェニックビークル」(仮称)の配車サービスを開始すると発表しました。近年注目を集める、インスタグラムなどのSNSで映える「フォトジェニック」な写真を好む旅行者を取り込む構えです。

170613 willerbetonamu 01
「ジェニックビークル」(仮称)に乗りながら、ベトナムの風景を堪能できる(画像:ウィラー)。

 定員7名の「ジェニックビークル」(仮称)は車内に冷蔵庫やトランク、Wi-Fiなどをそろえ、現地での旅を楽しみながらインターネット上に写真を即時アップすることが可能。クルマは「プレミアム」と「エグゼクティブ」の2種類、料金も「4時間コース」と「8時間コース」の2種類があり、「プレミアム」の4時間コースは8800円から、8時間コースは1万1800円から、「エグゼクティブ」はそれぞれ9800円から、1万2800円から、運転手付きのクルマを貸し切ることができます。「エグゼクティブ」のみ、現地スタッフによるオンラインコンシェルジュサービスによるレストラン予約や、GPSと連動した観光ガイドサービスなどを受けることができます。車両とIoT化された車内サービスは同社が開発・運営し、運行はベトナムのMai Linh社が行います。実際の運行は7月18日(火)からで、配車はホーチミン市内であればどこでも無料です。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170613 willerbetonamu 02
  • Thumbnail 170613 willerbetonamu 01
  • Thumbnail 170613 willerbetonamu 03

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 日本市場を見捨てたか?事故して初めて登場する実際の運行会社、妙に新型シートの登場が頻繁だけど仮に存続車両のシート付け替えとして陸運局に構造変更登記してるか怪しいペースだよね?元から路線を持つ大手の予約を請け負ったり、結局は国内でウイラーブランドから撤退した会社が連発した表れじゃないのかね?

  2. 前に間に合わせの現地ガイド兼ねた運転手で転けた車に似てるな、