「シーマ」が先進安全装備を標準搭載化しマイナーチェンジ 日産(写真21枚)

日産「シーマ」が各種先進安全装備を標準搭載化し、2017年6月15日から発売を開始しました。

「シーマ」、安全装備を標準搭載化

 日産は2017年6月15日(木)、「シーマ」をマイナーチェンジし、同日から発売を開始しました。各種先進安全装備を標準搭載とし、「全方位の運転支援システムによる、より高い安全性を実現」(日産)したといいます。

●「シーマ」マイナーチェンジのポイント
・「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」「インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)」「インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)/BSW(後側方車両検知警報)」「インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)」「インテリジェント BUI(後退時衝突防止支援システム)」を全グレードで標準装備化。
・エンジンはVQ35HR型(V6 3.5L DOHC)とHM34型モーターの組み合わせによるハイブリッド。2WDで、マニュアルモード付電子制御7速ハイブリッドトランスミッションを搭載。
・価格は794万6640円(税込)から。

マイナーチェンジした日産「シーマ」のイメージ(画像:日産)。

 日産は「シーマ」について、「歴代『シーマ』のDNAである『圧倒的な走行性能』と、高い動力性能、安全性、快適性、環境性能などが、お客様より高い評価を得ています」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(21枚)

画像ギャラリー

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 坂道発進が容易に出来なければ、
    先進的と名乗る意味があまりない(結局坂道で下がって他の車と接触する)

  2. これがシーマ・・・爆発ヒットした初代シーマが成仏できん!

  3. フーガじゃないの?これ、

  4. 自動ブレーキの歩行者対応化は、高級車なのに対応していないという・・・他の安全対策は魅力的なのに、基本的な安全対策がないなんて、売る気を感じませんね。
    レクサス、BMW、Audiは自動ブレーキの歩行者対応は、とっくにしているのにね。
    どのみち、買えないけど(笑