豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」が下関に到着 写真でたどる初クルーズ2日間(写真125枚)

JR西日本の豪華列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が2017年6月17日にデビュー。翌18日に山陰1泊2日のクルーズを終えました。その軌跡を写真でたどります。

1泊2日、山陰の

 2017年6月18日(日)、JR西日本の豪華クルーズトレイン「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(トワイライトエクスプレスみずかぜ)」が、下関(山口県下関市)に到着。初めての営業運転を終えました。

「瑞風」は、1989(平成元)年7月から2015(平成27)年3月まで大阪~札幌間で運転された寝台特急「トワイライトエクスプレス」の伝統と誇りを受け継ぐ列車としてデビュー。JR九州の「ななつ星in九州」、JR東日本の「TRAIN SUITE 四季島(トランスイートしきしま)」に続く国内3番目の本格的なクルーズトレインです。

「下関―京都・大阪」が表示された「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」初営業列車(画像:JR西日本)。

 初営業列車は、「山陰コース(下り)1泊2日~文豪と維新の歴史をたどる旅」として運行。17日(土)は午前10時すぎに大阪駅を出発し、京都駅で折り返したのち、山陰本線を西へ進みます。同日午後、兵庫県北部の城崎温泉に立ち寄り、皇族も宿泊されたゆとうや旅館の「詠帰亭」や、志賀直哉が逗留した宿などを観光しました。

 翌18日(日)は山口県萩市で、松下村塾や萩焼の窯元を訪問。そののち列車は予定通り下関駅に到着し、2日間の旅程を終えました。

 なお「瑞風」は19日(月)、新たに「山陰コース(上り)1泊2日」の客を乗せて下関駅を出発しています。

【了】

テーマ特集「【鉄道】瑞風、四季島、ななつ星…クルーズトレインの特徴、サービス、料金は?」へ

この記事の画像をもっと見る(125枚)

画像ギャラリー

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 前トワイライトであまりにも食堂車に予約が入らんもんで当日に座席にまで売り込みに来てた時期もありましたよ、旅に使える寝台列車は復活しないのでしょうかね?

    • その使える寝台列車を皆が利用しなくなったので、サンライズ以外は姿を消した訳で。
      需要があれば復活しますが、鉄ちゃんの我儘だけでは無理です。