「夢のような駅弁」のお値段、15万円也 地元愛から生まれた「日光埋蔵金弁当」とは?

栃木県日光市にて、価格が15万円もする「日光埋蔵金弁当」が販売されています。中身が豪華なだけでなく、容器や箸も逸品。どのような内容で、そしてどのような経緯で生まれたのでしょうか。

「夢のような駅弁」を目指して

 栃木県日光市に、予約のみで販売を行う1折15万円(税込16万2000円)の弁当があります。その名は「日光埋蔵金弁当」。中身が豪華なのはもちろんのこと、容器と箸にも江戸時代から伝わる日光彫りの名品を使っているといいます。

 いくつかラインナップがあり、かつては東武日光の駅弁としても売られていたそうですが、どのような経緯で誕生し、またどのような内容なのでしょうか。製造元である日光鱒鮨本舗(日光市大室)の代表、田村公一さんに聞きました。

――15万円の弁当はどのような内容なのでしょうか?

 当店の看板商品である鱒(ます)寿司と北海道産タラバガニを使ったちらし寿司、A5ランクのとちぎ和牛を使ったヒレステーキ、日光の刺身ゆば、ロシア産のベルーガキャビア、九州産のクルマエビの塩焼きなど、約10種類が入っています。発売を開始した2006(平成18)年から、中身は基本的に変わっていません。

――価格の内訳などはどのようになっているのでしょうか?

 材費が5万円、日光彫の容器代が12万円かかるため、ひとつ売ると2万円の赤字になり、利益はまったくありません。食材の北海道産タラバガニが高騰したときには、赤字はさらに膨らんでしまいました。しかしお客様サービスの一環として行っているため、今後も製造を止めるつもりはありません。

――仮に安価な紙製の容器に入れて販売するとしたら、おいくらでしょうか?

 7万円ぐらいになってしまいますね。

15万円の「日光埋蔵金弁当」(画像:日光鱒鮨本舗)。

――15万円の弁当はどのような経緯で作られたのでしょうか?

 私は27年前、東京から日光に移り住んで鱒寿司の製造を始めまして、商売が軌道にのるにつれて、栃木県内の職人さんたちと知り合うようになりました。私はもともと、日光を盛り上げる「夢のような駅弁」を作りたいという気持ちが強かったこともあり、試しに彼らに協力を呼びかけてみたところ、そうしたら皆さん、利益度外視で手伝ってくれることになったのです。

 一番最初に作った弁当は、容器が木工の町として知られる鹿沼市の桐タンスをイメージした三段構造のもので、下段にミニチュアサイズの市松人形や茶器を、真ん中の段には益子焼の器にのった日光の刺身ゆば、上段には鱒寿司などを入れました。

――その最初のものはいつ、おいくらで発売されたのでしょうか?

 5万円のものを、1999(平成11)年2月に20折限定で発売して、即日完売でした。それ以降、2000(平成12)年に3万円、2001(平成13)年に1万円、2005(平成17)年に10万円、2006(平成18)年6月に15万円の弁当を発売し、現在はすべて完売状態です。15万円の弁当も当初10折限定ですぐに売り切れてしまいましたが、お客様からのリクエストがこれまで以上に多かったため、現在では容器が完成次第、都度販売するようにしています。これまでに50折ほど売れたでしょうか。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

1 2 3 4

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ホンとに悪い癖だな、