あと30年は戦える? 米海軍「スーパーホーネット」大規模改修でさらにスーパーに

米海軍は現行のF/A-18E/F「スーパーホーネット」について大幅に改修する計画を公表しました。いわばスーパーな「スーパーホーネット」、どのような飛行機なのでしょうか。

さらにスーパーな「スーパーホーネット」誕生へ

 アメリカ海軍は2017年6月9日、現在保有する主力艦載戦闘機、ボーイングF/A-18E/F「スーパーホーネット」における大規模性能向上計画を決定しました。「ブロックIII」と呼ばれるその改修は既存機に対して行われ、ステルス能力などが付加される予定です。

170623 sshornet 01
大規模改修が決定したボーイングF/A-18E/F「スーパーホーネット」(画像:アメリカ海軍)。

 現代の戦闘機の戦闘能力は搭載する電子機器に大きく左右され、飛行性能自体はあまり重要視されません。よって戦闘機はまず最低限の能力を持った状態で配備され、以降は順次性能向上が行われるのが通常です。F/A-18E/Fもその例外ではなく、F/A-18E/F初期生産型の「ブロックI」と現行型の「ブロックII」では搭載レーダーや妨害装置などが異なり、ソフトウェアの改善などによって別の戦闘機と言ってもよいほど能力が向上しています。

 とはいえ「ブロックI」と「ブロックII」はよほどのマニアでないと見分けられないでしょう。しかし今回の「ブロックIII」では、あらたに航続距離の延長や生存性の改善といった項目が含まれており、その外見も大きく変化することが見込まれます。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170623 sshornet 03
  • Thumbnail 170623 sshornet 01
  • Thumbnail 170623 sshornet 02

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. アメリカの飛行機なんてイージス艦並みに脆い機体しかない。
    だから露軍から飛行機を買った方が良い。
    露軍の飛行機は頑丈でITも優れているし。

    • コンテナ船との衝突のことなら、2万総トン以上の大型船に、決して遅くはなかった速度で、真横から衝角攻撃受けて無傷で済む船があったら、教えていただきたい。

  2. この改修型をベースとしてEA-18G改として開発し、空軍、海兵隊用に装備するのなら、有効。それ以外では採用国の極端な少なさからして、無駄。

    • 無駄かどうかはお前の狭い視野で判断することではない。