国内初「医療ジェット」7月に北海道で実用化 医療の地域格差解消に一手

北海道で2017年7月30日(日)から、国内初となる「医療ジェット」の運用が始まります。都市部から離れた地域の患者も高度医療を受けられると、北海道も期待を寄せていますが、ヘリと比べてどのような利点があるのでしょうか。

高度専門医療が受けられない地域の患者を都市部に運ぶ

 北海道で、医療搬送を目的とした小型ジェット「メディカルジェット」の運航が2017年7月30日(日)から始まります。

飛行機へ患者を搬入するようす(画像:北海道航空医療ネットワーク研究会)。

 国内初の実用化というこの「メディカルジェット」は、高度専門医療を受けられない地域の患者を都市部の病院まで運ぶことを目的としています。空路による医療搬送では、いわゆる「ドクターヘリ」が各地で運用されていますが、飛行機による搬送はどのような特徴があるのでしょうか。北海道庁地域医療課に聞きました。

――医療ジェットはどのように運用されるのでしょうか?

 地域の医師からの要請に基づき、必要性を判断したうえで運航します。陸路の搬送も含め、事前に運航計画を作成します。搬送の対象は、道内の病院に入院している、高度専門医療が必要な患者です。

――「ドクターヘリ」と比べてどのような特徴があるのでしょうか?

「ドクターヘリ」は救急搬送が主目的ですが、「メディカルジェット」が搬送する患者は、その地域で受けられない高度な医療が必要な方ですので、そもそも趣旨が違います。ヘリと比べて航続距離、スピードが向上し、機内スぺ―スも広いといった利点があります。

――実現化に至った経緯は?

 2011(平成23)年から2013(平成25)年にかけて、(北海道医師会や自治体などからなる)「北海道航空医療ネットワーク研究会」が研究運航を行い、85回出動しました。その実績を踏まえて国に実用化検討を要望し、2017年度から「メディカルジェット」の運営が支援されることとなりました。なお2017年度は、同研究会に運営を委託します。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

10件のコメント

  1. 何か救急車が妙に肥大したりクラウンのパトカーを使う理由に似てるな、

  2. この場合プロペラ機ではなく小型ジェット機になったのはなぜなのでしょうか?
    北海道内程度だと大差無さそうですが・・・
    機材搭載量や内部空間の広さでしょうか。

    • 高度医療のために道外への搬送も想定しているようなので、ジェット化はそのためかな?

  3. ヘリで用は足りる、ジェットは天候に左右されやすいし飛行機ならプロペラでしょ、ジェットの速度や高度は逆に患者にリスクになる場合もあるのでは?

    • 記事中のような300km以上とかだとヘリきついですよ。往復で時間かかるので。
      ヘリにも離着陸場所確保しやすい利点はありますが、遠距離だと時間かかりすぎる。
      北海道や遠隔離島抱える東京沖縄とかはあってもいいと思う。

      ただ、ジェット機は必要かな?プロペラでいい気も。
      対応する滑走路が少なくなれば、滑走路までの搬送時間がバカにならず時短効果はなくなるかも。

    • まあ、急患大義にジェットのスピードなら説得材料にはなるね、ただ、何れは見立ての甘さに悔いる時がくるだろ、

  4. こんなもん導入して離発着の設備にかける暇と金があるなら地上の医療設備に投資したら?それでも追い付かぬところは空輸にしてもジェットは要らない!

  5. ジェット機を導入しなければ高度医療が受けられないほど、過疎地の医者は絶望的に足りない。と思うべき。

    • 足りないも足りないだろうが意図して廻さないか?必要無いか?しかし世に成すべき事なんて特に心の問題では有り得んだろ?思うべき?なんて言われて思う思考回路なら遠にショートしてるわ

  6. ジェットのが必要なほど医師が足りない?足したとこで高度な医療に直結しないでしょ?患者と渡り合える医師を育成するべき、するべき、?