ロボット芝刈り機「ミーモ」発売 均一に刈り整え、自動で充電 ホンダ

2017年6月28日、ホンダが、自動で芝を刈り取るロボット芝刈り機「Miimo(ミーモ)HRM520」を発売しました。

国内の年間販売計画台数は200台

 ホンダは2017年6月28日(水)、電動で自走しながら自動で芝を刈り取るロボット芝刈り機「Miimo(ミーモ)HRM520」を発売しました。

 商品名の「Miimo」は、ホンダによると「My Intelligent Mower」を表す造語といいます。このロボット芝刈り機は本体、充電ステーション、芝刈り作業範囲を設定するエリアワイヤーのみっつで構成され、作業範囲内の芝を自動で刈ります。25度までの傾斜を登るほか、傾斜自律制御システムの搭載で傾斜地(勾配15度以下)や起伏のある場所(高さ3cm以下)でも高い直進性を発揮。芝を2cm~6cmの範囲(無段階)で均一に刈り整えるといいます。

ホンダのロボット芝刈り機「Miimo(ミーモ)HRM520」のイメージ(画像:ホンダ)。

 さらに、充電残量を検知して自ら充電ステーションに戻り、再充電を行う自動充電機能を搭載するなど、芝刈り機能の自動化を実現。曜日、時間、エリアを任意に設定することも可能で、加えて、毎日伸びる芝の先を細かく刈り、芝の根元へ落とすため、集草、廃棄の手間も省けるといいます。ヨーロッパでは2012年から販売されています。

 メーカー小売価格は53万7840円(税込)、国内の年間販売計画台数は200台。機体乾燥重量は11.9kg、最大作業エリアは3000平方メートル(条件により異なる)です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 檀家に説教たれる寺の僧侶がこんな種類の自動機を使って仏前を掃除したり庭をガソリンエンジン使って落ち葉掃き散らしたりしてるの見たが、震災の時に足袋1つ汚さんで引きこもってたのも分かるわ!