「WRX S4」大幅改良 アイサイト新機能を標準装備 スバル(写真46枚)

スバル「WRX S4」の大幅改良モデルが2017年8月7日に発売。「アイサイト」の新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」などが全グレードに標準装備されます。

8月7日発売

 スバルは2017年7月3日(月)、スポーツセダン「WRX S4」の大幅改良モデルを8月7日(月)に発売すると発表しました。

 サスペンションのダンパーやスプリング、スタビライザーのセッティングの最適化と電動パワーステアリングの改良により、乗り心地やステアリングフィールが向上。また、長距離運転を助ける運転支援システム「アイサイト」の新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」をはじめ、後退時自動ブレーキシステムやステアリング連動ヘッドランプが全グレードに標準装備されています。

「アイサイト・ツーリングアシスト」は0km/hから約120km/hまでの車速域で、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動でアシスト。区画線と先行車の両方を認識することで、渋滞から高速巡航まで、さまざまな場面で運転負荷を軽減します。

「WRX S4 2.0GT-S_EyeSight」アイスシルバー・メタリックのイメージ(画像:スバル)。

 エクステリアは、LEDヘッドランプやフロントグリル、フロントバンパーのデザインを刷新。ホイールのデザインも変わり、「WRXらしいパワフルでシャープな走りを感じさせるスタイリングを実現」(スバル)したといいます。

 インテリアは、インパネやセンターコンソール、センターパネルをはじめとする各種パネルをより質感の高いものに変更。インパネ中央上部に搭載されているマルチファンクションディスプレイも5.9インチカラー液晶に変更されています。

 価格は336万9600円(消費税込)から。販売計画は1か月あたり325台です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(46枚)

画像ギャラリー

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. それら機能がパプリカ並の車体で実現できたら胸を張ってよし。そうでなければ無駄な渋滞距離作成車両に過ぎない(1台で10センチ長ければ100台で最低でも10メートル以上渋滞長が延びる)

    • イチャモンのためのイチャモン
      そして・・・パ、パプリカ?

    • 懐かしいな、パブリカ、車格的にはビッツの先祖かな?初代は800くらいで2気筒の空冷だったと思う