JAL、九州北部豪雨への義援マイルを受付

2017年7月に九州北部で発生した豪雨の被害状況を踏まえ、JALが義援マイルの募集を開始します。

500マイルを1口として受付

 JAL(日本航空)は2017年7月11日(火)、九州北部で発生した豪雨の被害状況を踏まえ、被災者への支援として、義援マイルの募集や義援金の寄付を行うと発表しました。

2017年7月11日から、JALは九州北部豪雨の被災者への支援を開始する。写真はイメージ(2016年3月、恵 知仁撮影)。

 JALマイレージバンク会員に対してはマイルの寄付を呼び掛け、寄せられたマイルの相当額を寄付します。マイルの受付は11日(火)17時から31日(月)まで。寄付はJALウェブサイトにて、500マイル(500円相当)単位で可能です。

 また、義援金としてJALから500万円の寄付も行われます。マイル相当額、義援金とも寄付先は社会福祉法人中央共同募金会です。被害状況に応じて按分(あんぶん)され、自治体を通じ、被災者に直接、見舞金として届けられます。

 このほか、社員募金の実施や、JALグループ社員による現地での支援活動も行われる予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント