K-1格闘家、ヒジ打ちでクルマの窓割り人命救助 トラックメーカー「普通はまず無理」

交通事故で車内に閉じ込められた人を、格闘家が窓をひじ打ちで割って助け出しました。割ったのはトラックのドアのガラスだそうですが、メーカーも「普通の人にはまず無理」といいます。

迫る炎、ひじ打ち一閃、人命救助に成功

 K-1の現役選手が、火の手が迫るトラックの窓ガラスをひじ打ちで割り、閉じ込められていた運転手を救出、警察より感謝状が贈られました。

 徳島県の鳴門警察署によると、2017年7月12日(水)正午ごろ、鳴門市の鳴門スカイラインにて乗用車と2tトラック(準中型貨物自動車)が正面衝突、このときトラック側は運転手が1名、乗用車側は運転手と同乗者の2名が乗車していました。

現役K-1選手の小宮山さん(画像:K-1GYM北斗会館)。

 そこへ、格闘技「K-1」の現役選手である東京都の小宮山工介さんと、同行中だった神奈川県の太田勝晶さんが偶然クルマで通りかかりました。乗用車側同乗者の助けを求める声に応じ、小宮山さんらはまず乗用車の運転席で右大腿骨を骨折し動けなくなっていた運転手を救出。このとき乗用車のエンジンルームからはすでに2mほど炎が上がっており、救出後1、2分で乗用車全体に炎が回ったそうです。

 一方のトラック側は、衝突で車体がひずみドアが開かず、運転手が閉じ込められていました。乗用車からの火の手が迫るなか、小宮山さんはトラック助手席側の窓ガラスを右ひじで割り、そこからトラック運転手は自力ではい出したそうです。このとき小宮山さんは、右ひじを10針縫うケガを負いました。そののち3分から5分ほどで、トラックにも火が回り大きく炎上したといいます。

 小宮山さんと太田さんに対し、鳴門警察署は7月13日(木)、「自らの命を顧みず勇気ある行動で、炎上する事故車両内から重傷を負った運転者を救出し尊い人命を救助した」とし、署長感謝状を贈りました。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. そりゃそうだろうね。

    むかし、当時日ハムの柏原選手が同じような場面に遭遇し、たまたま積んでいた自分のバットでガラスを割って被害者を救出したなんて話もあったな。

  2. 偉い!腕力だけじゃなく心も強い!

  3. こういう人が真に強い人なんだろうね、

  4. 正に火事場の馬鹿力。とはいえ、ガラスで傷ついた腕は治るのに相当時間かかりそうだし、本文にもあるように普通の人が真似たら無理、どころか全治数ヵ月、下手すれば障害すら残りかねない。普段から鍛えていた人だから出来た事。

  5. よほどの衝撃を与えないと割れないらしいので、ヒジ打ちで割るのは技術が要るでしょう
    微分成分が大きいというか、よほど立ち上がりの良い衝撃を食らわせたのでしょうね、さすが

  6. こういう自分の命を投げ出してまで困ってる人を救える人を育成するにマンネリ教材は無用ってことかな?幕末?だか?世紀末?だっけ?悪を潰す正義の腕っぷしもいいが、礼儀に始まり礼儀に終わる武道っていいな!三段腹の俺には無理だが・・・

  7. 素人にはまね出来ないことなので、せめて脱出ハンマーは車に常備しようと思った。
    自分のために持っていたが、他者の救助に使える可能性もあると憶えておこう。
    それでも火災時は危険があるわけですが・・・

  8. 火災じゃないけど水没した場合の脱出方法をJAFで習ったよ、この時だけは手回しウインドウが恋しくなった。