東京メトロの「冷水機」、消えた? 蛇口タイプの水飲み場全廃で気になるその行方

東京メトロの駅ホームに、かつて設置されていた冷水機。2017年7月現在、見かけなくなって久しいですが、現状はどうなっているのでしょうか。

冷水機を見かけないのも当然なワケ

 東京メトロが2018年5月までに、構内に設置された蛇口タイプの水飲み場を全廃するとのことです(他社管理分をのぞく)。ミネラルウォーターなどの飲料水を購入する層の増加にともないニーズが減少したためで、2017年7月現在、東京メトロ全体で10か所にまで減っていました。

 駅構内の水飲み場といえば、いわゆる「冷水機」タイプも連想されますが、こちらも最近あまり見かけません。東京メトロに確認したところ、「蛇口タイプの水飲み場に先がけ、2014年度に全廃しました」といいます。詳しく話を聞きました。

1966年、銀座駅に初めて冷水機が設置された際の様子(画像:東京メトロ)。

――冷水機の撤去はいつごろから進めていたのでしょうか?

 2010(平成22)年ごろです。新規の設置に関しては、副都心線の建設時(開業は2008〈平成20〉年6月14日)には、すでに取り止められていたようです。なお、蛇口タイプの水飲み場の撤去は2015年ごろからの開始となりました。

――冷水機はなぜ全廃となったのでしょうか?

 おもな理由は蛇口タイプの水飲み場と同様、飲料水を購入する利用客が増え、ニーズが減少したためです。全廃するころには、ほぼ使われていない状況でした。

――なぜ蛇口タイプより先に撤去が始まったのでしょうか?

 冷水機と蛇口タイプの水飲み場の所管部署が異なっているため、特に意味はありません。ともに利用ニーズが減少していたことから、撤去を決めたようです。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 正直なところ「維持管理費を削減したいから」でしょ。あと、蛇口タイプも冷水器タイプも薬を服用するには不便(特に粉末タイプ)。改札口で頼もうにも他の利用者への対応で待たされる事が多いのだからケチらずにペットボトルの水を買ってベンチで服用すればいいだけの事。苦情を言ってくるのは「水はタダが当たり前」の固定観念が今だに取れない(敢えて取ろうとしない)世代の人達なのかな?

  2. 衛生上やいたずら対策もあるのかな。

    • 多分そうでしょう。
      冷水機の衛生は誉められたもんじゃないし、
      蛇口を開いたままにする酷いイタズラもあるし。
      それとホームの混雑かな。

  3. まあ使わんねえ。水道水を直飲みすることも無いし、衛生面の不安な冷水器に至ってはもっと無い。PET飲料を買うか、水筒を持ち歩くかですね。350cc以下の水筒ならさほどかさばらないし、ホームじゃなくても飲めるし。ちょっと手を洗いたいなあと思うことはあるけど、それはトイレに行けばいいもんね。

    • まあ。設置された当時は自販機も一般的ではなかったし、ましてミネラルウォーターなんて言葉も日本ではまず聞くこともなかったし。時代の変化で役割を終えたものの一つかな。

  4. 冷水器は電気代がかかるし、人の口に入るだけに衛生管理も大変から、廃止やむなしだね。
    しかし、駅のホームに水道があると結構ありがたい。ちょっと手を洗ったりウガイぐらいには使えるし、ホームで粗相する人もいるだろうから、(駅員や清掃員が)そのような場合の清掃にも使える。