タクシー運賃「乗る前に確定」の社会実験開始 その先にある未来とは?

国土交通省が東京のタクシー約4600台で、スマートフォンの配車アプリを使った「タクシーの事前確定運賃に関する社会実験」を始めます。この実験を踏まえ、タクシーのあり方はどう変わるのでしょうか。

「渋滞で運賃高くなるのでは」という不安をなくす

 国土交通省が東京23区と武蔵野市、三鷹市のタクシー4648台で2017年8月7日(月)から、スマートフォンの配車アプリを使った「タクシーの事前確定運賃に関する社会実験」を始めます。

170802 taxijizen 01
東京の街を走る日本交通のタクシー。今回の実験にはグループ41社が参加している(画像:写真AC)。

 日本交通グループの「全国タクシー」をはじめ4つの配車アプリにおいて、入力された乗車地・降車地間の情報から地図機能で算出された運賃額を「事前確定運賃」とするもの。確定後は、渋滞が生じても運賃は変わらないといいます。

 実験の背景には何があるのでしょうか。国土交通省自動車局に聞きました。

――今回の社会実験の目的はどのようなことでしょうか?

「渋滞などで運賃が高くなるかもしれない」「到着するまでメーターを気にしなくてはいけない」といった運賃面の不安をなくす、配車アプリの利便性を高める、空車走行を減らして生産性を向上させるといった目的があります。

――羽田空港や成田空港、東京ディズニーランドなど一部の目的地では、東京23区内から定額運賃を設定している会社も見られますが、これが関係しているのでしょうか?

 いえ、既存の定額制が関係しているというより、「タクシーをより活性化していこう」という動きのなかで行うものです。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170802 taxijizen 03
  • Thumbnail 170802 taxijizen 01
  • Thumbnail 170802 taxijizen 02

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. いい社会実験だ、是非とも実用してもらいたい、今や乗り合いのはずの高速バスも貸しきり観光のごとく通常期から繁忙期だの最繁忙運賃とか当たり前なんだろうが緩和にすがって結局は平均値上げだし、何とかタクシーを通じて運賃の根本を示してほしいです

  2. 好景気の頃は売上満杯の運転手が空車表示出しながら乗車拒否したからね、古川から仙台だから悪い仕事じゃなかったはずだが?頭に来たから宮城陸運局に社番と運転手名を告げたけど今はどうなのやら?確かにタクシーの在り方こそドライバー抜きでは語れんが昔は酷かった、