環状2号線が暫定開通=築地移転延期で着工遅れ-東京都

「オリンピックにおける幹線道路」の位置づけ。

Large 20181104at25 p
暫定開通した東京都の環状2号線を白バイの先導で通行する車両。後方手前は旧築地市場=4日午後、東京都中央区の築地大橋

 東京都の都心部と臨海部を結ぶ環状2号線の未開通区間約3.4キロのうち、豊洲(江東区)-築地(中央区)区間約2.8キロが4日、暫定開通した。豊洲市場周辺の渋滞緩和が期待されている。開通区間周辺では2020年東京五輪・パラリンピックの選手村が整備される予定で、五輪の幹線道路に位置付けられる。

 都は当初、築地市場跡地に地下トンネルを通し、五輪までに環状2号線を全線開通させる方針だった。しかし、築地市場の移転延期に伴い着工が遅れ、地下トンネルを含む全線開通は五輪後の22年度にずれ込む。

 暫定開通した道路は築地市場跡地の外縁部に整備され、築地大橋や豊洲大橋が通行可能となった。市場関係者からの要望を受け、都は10月11日の豊洲市場開場から1カ月以内での開通を目指していた。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 20181104at29 p
  • Thumbnail 20181104at25 p

関連記事

最新記事

コメント