時速280キロで車運転=ネットに違法動画投稿で発覚-男を書類送検・大阪府警

ほかにも様々な違法走行をしていた男。

Large 20181105at59 p
動画投稿サイトに投稿された、東大阪市の自動車専用道路「第二阪奈道路」を法定速度を220キロ上回る時速約280キロで運転する動画=ユーチューブより

 制限速度60キロの道を時速280キロの猛スピードで走行したとして、大阪府警城東署は5日、道交法違反(速度超過)などの容疑で、大阪市の無職の男(35)を書類送検した。男は動画投稿サイトに違法運転の様子を掲載しており、容疑を認め「車の性能を試し、他人に見せたかった」などと話しているという。

 送検容疑は1月12日午前4時すぎ、東大阪市の自動車専用道路「第二阪奈道路」を法定速度を220キロ上回る時速約280キロで運転した疑い。

 投稿された動画には、車のスピードメーターが300キロ近くに達する様子が映っており、同署は映像解析から、違法走行を裏付けた。動画を見た人の指摘で発覚。同署は男を割り出し、8月に車検切れの車を運転した道路運送車両法違反容疑で逮捕して調べていた。

 同署によると、車は高級スポーツカーで、速度制限機能を外したり、ナンバープレートを見えないようにしたりする改造が施されていた。

 男は「10回以上違法走行をした」と供述。他にも暴走してパトカーの追跡を振り切る様子や信号無視などの動画をネットに投稿しており、同署はこのうち時間や場所が特定できた分を含め、計5件の容疑で男を送検した。事故は起こしておらず、けが人はないという。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 時事通信

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. そういうことするのが好きな人はモータースポーツのために作った専用施設でやればいいのに、と思った。

  2. GT-RってGPSでサーキットを認識してリミッター解除ということで国交省が承認している。
    車検で改造車を取っていればいいかもしれないが、それもとってなければ最悪この方式では承認が出なくなるかもしれないし、サーキットで楽しんでいる善良なユーザーには迷惑この上ない事態。
    多分日産がデータログの解析ができるだろうし、速度だけじゃなくGPSのデータも残っている可能性がある。
    これ以外にパトカーをおちょくって逃げたこともあるみたいだし、警察は意地でも捕まえるし、他にも色々とあるみたいだから、執行猶予なしの懲役アリという話も出てきている。
    今回の映像を見ただけでもブレているし、速度計ばかりを映しているから前方不注意状態だと思うし、他の件でいろいろとつつかれて罪の上乗せがありそうだな。