空自大型車両が民家突入=隊員2人搬送-青森・おいらせ町

事故を起こしたのは無線中継装置を搭載した大型車両といいます。

Large 181107 rikujiminka 01  1
青森県で民家に突っ込んだ航空自衛隊三沢基地所属の大型車両の同型車。搭載しているのは無線中継装置、けん引しているのは電源装置(航空幕僚監部提供)

 7日午前8時25分ごろ、青森県おいらせ町の国道で航空自衛隊三沢基地(同県三沢市)所属の大型車両が、道路沿いにある民家に突っ込んだ。県警三沢署などによると、車に乗っていた男性隊員2人が同県八戸市内の病院に搬送されたが、いずれも意識はあり命に別条はない。民家の住人は不在だった。

 防衛省航空幕僚監部によると、事故を起こしたのは無線中継装置を搭載した大型車両で、訓練を終え、八戸市から三沢基地に帰る途中だったという。

 三沢署によると、車両は民家の壁を突き破り、屋内に突っ込んだ。同署が事故原因を調べている。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 時事通信

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ある意味これが本当の自衛隊