10月のベンツ世界販売3.9%増加=5カ月ぶり改善-ダイムラー

ドイツは前年同月比16.7%急伸しています。

【フランクフルト時事】ドイツの自動車大手ダイムラーが7日発表したところによると、主力高級乗用車ブランド「メルセデス・ベンツ」の10月の世界販売台数は前年同月比3.9%増の19万0021台となり、5カ月ぶりに増加した。

 欧州の販売は、国際統一燃費試験法(WLTP)による認証手続きの後れを取り戻し、3.9%増の7万9994台に回復。うち地元ドイツは16.7%急伸した。中国は9.2%増の5万0231台と好調が持続。これに対し、米国は4.9%減の2万7537台と振るわなかった。

 一方、小型車ブランド「スマート」の世界販売は3.0%増の1万1202台だった。特にドイツ、イタリア、ポルトガル、オーストリアで2桁増を記録した。

【了】

Writer: 時事通信

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. そろそろリースだの自社登録だの数合わせの貸し渡しすらしないで中古に転売する架空レンタカーを販売実績に載せるの止めたら?
    結局は流しで製造しているイメージカラーの標準車を下取り車の価格下落をネタに押し売りしてるだけでしょうに
    本来選べるはずの色やオプション、どれだけの人が妥協してるんでしょうか?
    乾いた回転寿司のネタより職人が握ったばかりのネタを食べたいのが人情なんじゃないでしょうか?
    自分等の船に乗ってこない客を妥協させることが販売実績なら登録台数と所有権や割賦やリースは分けて公表するべきじゃないでしょうか?