ホンダ59万台改善対策=バックドア支柱不具合、2人負傷

「ステップワゴン」など6車種が対象です。

 ホンダは15日、バックドアを支えるダンパーに設計上の問題があり、外れる恐れがあるとして、乗用車「ステップワゴン」など6車種計59万3815台(2009年9月~18年9月製造)について、リコール(回収・無償修理)に準じる改善対策を行うと国土交通省に届け出た。

 国交省によると、不具合は延べ193件発生しており、10月に愛知県と千葉県で計2人がバックドアにぶつかるなどして重軽傷を負っている。

【了】

Writer: 時事通信

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 消費者は騙せても製品は嘘はつけないですからね
    設計、検品以前に怠慢ですよね
    車両カタログの諸元表なんて本来は表紙から1面で掲載しなきゃならんに何故か?一番最後
    馬力で洗脳させて基本性能が最後のページですから自分が購入しようとする商品の開発理念なんて見えるわけがないですよね