SUBARU、初のPHV=年内に米市場で投入

スバルが、SUV「クロストレック」(日本名「XV」)のプラグインハイブリッド車を発売します。

Large 181120 subaruphv 01
SUBARU(スバル)が米国で発売する初のプラグインハイブリッド車(PHV)「クロストレック ハイブリッド」

 SUBARU(スバル)は20日、スポーツ用多目的車(SUV)「クロストレック」(日本名XV)のプラグインハイブリッド車(PHV)を、2018年内に米国で発売すると発表した。PHVは家庭用電源などで充電できるのが特長で、スバルが投入するのは初めて。世界的な環境規制の強化に対応し、主力の米国市場で電動化を本格化する。

 排気量2000ccのガソリンエンジンを搭載しているが、電気モーターのみでも約27キロの走行が可能。スマートフォンと連携し、乗車前に遠隔操作で空調を作動させる機能も備えた。19年にはカナダにも投入する。日本国内での発売は未定。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 時事通信

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 配信は希望しません

  2. 単に重いバッテリーとモーターを背負わされてベルト式CVTが余計に仕事をしたいメタボ車だろうに
    片やクランク軸の中心が直4エンジンより高い位置にあるにも関わらず平然と低重心と嘘ぬかすわ
    何で素直にベンツのように多段ATとモーターの組み合わせを実現しないのか?
    そもそも左右均等の駆動系レイアウトに拘るが故に前軸より前のオーバーハングにエンジンとミッションが存在するあたりから重心とか旋回能力のレベルの話じゃないし、一部のアウディークワトロのように横置きエンジンのFFベースのAWDにでもすりゃいいに何時まで料亭に生け簀の古い頭が続くのやら?
    実はトルクの美味しいところを食い荒らすのがCVTであることを何時まで隠し通すのか?
    ハイブリット催眠術なんぞは世界では通用しないし、それこそ優遇措置の財源が切れた時こそハイブリッド車が如何に重い十字架を背負っているかが分かるだろうね。
    それじゃ手遅れだけどね

  3. そろそろ企業お抱えの評論家の二枚舌で消費者を騙すの止めたらどうなんかね?
    車に興味を持ってもらうなら評論家なんて逆に要らねーし、濾した評論が逆に艶消しだし
    何で毎回最新型の試乗レポートが評論家である必要があるのか疑問
    少しは畑違いの場違いの意見も取り入れないと最近の不祥事も加えて実質パーになりかねないね