レクサス、「UX」発売=コンパクトSUV、390万円から

「RX」や「NX」よりもコンパクト!

Large 181127 lexusux 01
トヨタ自動車が発売した「レクサス」ブランドの新型スポーツ用多目的車(SUV)「UX」=27日午後、東京都千代田区

 トヨタ自動車は27日、高級車ブランド「レクサス」から新型のスポーツ用多目的車(SUV)「UX」を発売した。同じレクサスSUVの「RX」や「NX」よりも小さい。価格は390万~535万円。米国や欧州など80カ国で順次発売する。

 トヨタのSUV「C-HR」をベースに、車体構造を強化するなどして安定性や乗り心地を高めた。小柄な人でも運転しやすいようにダッシュボードの位置を下げて前方の視界を広くした。

 レクサス部門を統括する沢良宏専務役員は「コンパクトで上質な車を望む人は多く、(顧客の)間口を広げてくれる車だ」とアピールした。

 排気量2000ccのハイブリッド車とガソリンエンジン車を用意した。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 時事通信

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. あー悲しいレクサス割り増し、と言うか段々TOYOTAブランド化してないでしょうか?
    日本で旗揚げした当初はISとGS、後に登場した真打ちのLS
    輸入車ブランドへの流れを食い止めるべく登場したレクサスブランド、当初たったこれだけの車種構成で何を企てたのか?
    メルセデスがAクラスを日本に送り込んだお客様目線に少しでもTOYOTAが下がってくれるだけでよかったのに
    秋に日本で発売を開始したESも単なる昔のウインダムの延長線上のFF車
    何故にブランド立ち上げからESを発売しなかったのか?
    それはトヨタがFRが高級だとアホな妄想に取り付かれているからですね
    そのくせにESの売りはFFがゆえにLSを上回る居住性とか平気で言い放ってるし
    とてもFFを高級車の枠から否定して立ち上げたブランドの言う事ではありませんね
    因みに海外ではカムリプロミネント時代からESの人気は根強く日本でもFFにV6エンジンを搭載したレクサスES300日本名ウインダムはTOYOTAブランドでは大成功した車でした。
    その血族であるアバロンもコラムシフトを採用したベンチシートの評価の高い車でしたが販売は伸びませんでした。
    FF車はレクサスに値しない愚かな考えが最初からレクサスの日本発足にブレーキをかけていたのは言うまでもない話ですね。

  2. レクサスESもレクサスの皮を被ったカムリだし、まさかレクサスがコンパクトを売りにするとはね
    ハリアーが海外で人気とは言え、それにレクサスの皮を被せて売っちまうバカ勇気には脱帽ですが、物を買うに試食すらしない消費者を何時まで鴨にできるか見物ですな
    レクサスなら10型セルシオから認識していかないと形破りが形無しなるだけなんですがね