「道の駅」核に地域アピール=積水ハウス、近接地に宿泊施設整備

まず5府県15か所にホテルを開業、その後全国展開へ。

 積水ハウスと米ホテル大手マリオット・インターナショナルは28日、地方自治体と連携して「道の駅」の近接地に素泊まり型のホテルを整備し、地域の魅力をアピールする事業を始めると発表した。2020年秋以降、京都と栃木、岐阜、三重、和歌山の5府県15カ所に計1000室規模の施設を開業、その後全国展開を進める。

 東京都内で記者会見した積水ハウスの仲井嘉浩社長は「ホテルを拠点に地元で消費してもらう。地域の観光産業をサポートしたい」と語った。

 新たな宿泊施設は、インバウンド(訪日客)のほか自由な旅行を楽しむ国内客にも対応する。仲井社長は「通過点だった道の駅を滞在型にすることで、文化や伝統工芸、特産品など地域のポテンシャルを最大限引き出したい」と述べ、宿泊施設の整備が地方創生につながることに期待感を示した。

【了】

Writer: 時事通信

最新記事

コメント