トヨタ、カローラHVを米投入=日本勢が発表会-ロス自動車ショー

日産や三菱自、マツダ、スバルも発表会を開催しています。

Large 181129 toyotacorollahv 01
新型「カローラ」のハイブリッド車の米国投入を発表する北米トヨタ幹部=28日、米ロサンゼルス

【ロサンゼルス時事】米ロサンゼルス自動車ショーの報道陣向け公開が28日、始まった。日本勢では、トヨタ自動車が新型「カローラ」のハイブリッド車(HV)を来年春に米国で発売すると発表した。カローラHVの米投入は初めて。

 トヨタは、小幅改良した新型HV「プリウス」も来年1月に発売すると表明。燃費性能をアピールし、HVで米市場に攻勢をかける。

 前会長カルロス・ゴーン容疑者の逮捕に揺れる日産自動車や三菱自動車も発表会を開いたが、事件に関する発言はなかった。日産の米国販売責任者ダン・モーンケ氏は発表会終了後、記者団の取材に対し「ビジネスに集中している」と話し、具体的なコメントを避けた。

 マツダは、来年初頭に北米で発売する新型「マツダ3(日本名アクセラ)」を披露した。SUBARU(スバル)は、スポーツ用多目的車(SUV)「クロストレック(日本名XV)」のプラグインHVを展示した。一般公開は30日から12月9日まで。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 時事通信

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. カローラを作ったのではなく、作った車にカローラの名を継承させただけだろ
    何時かカムリをカローラと呼ぶ日が来るだろうね
    結局は制約の中から車を開発しないから世に出てくる車は知れた物しか出てこない、小手先の仕事で代替えユーザーを騙せるサイクルなんて元々無いのに、何時まで優遇税制の下駄に乗せた車を消費者にあてがう気なんだろうか?