3社連合、合議制で運営へ=提携維持を確認-ルノー・日産・三菱自が首脳協議

ゴーン容疑者の逮捕後、3社のトップが協議するのは初めてです。

Large 181130 gougisei 01
仏ルノーと日産自動車、三菱自動車による3社連合のトップ協議後、取材に答える三菱自の益子修最高経営責任者(CEO)=29日、東京都内

【アムステルダム時事】仏自動車大手ルノーと日産自動車、三菱自動車の3社連合は29日、経営トップによる協議を開いた。終了後3社は「アライアンス(戦略提携)はこの20年間、他に例を見ない成功を収めてきた。各社はアライアンス維持に全面的にコミット(約束)している」との声明を発表。カルロス・ゴーン容疑者1人に事実上委ねていたワンマン体制を改め、各社トップによる合議制に移行することを決めた。

 オランダのアムステルダムにある連合の統括会社で行われた定例会議に合わせ、日本と現地を通信回線で結んで行われた。ルノー側は、実質トップのティエリー・ボロレ副最高経営責任者(CEO)が出席。日産の西川広人社長と三菱自動車の益子修CEOは日本から参加した。

 終了後、西川氏は東京都内で記者団に対し、「(連合の)いろんな会議体を3人で共同でリードすることを確認した」と説明。別途取材に応じた益子氏も「今までは1人が物事をリードしてきたが、今後は3人で協力してやっていく」と述べた。来月に再びトップ協議を開くという。

 連合の司令塔で、統括会社の会長兼CEOを務めるゴーン容疑者の逮捕を受け、3社の結束が揺らぐことが懸念されている。ゴーン容疑者が金融商品取引法違反容疑で逮捕された後、3社トップが協議するのは初めてだ。トップによる協議は1時間で終わり、その後3社の実務者による話し合いが続いた。

 ゴーン容疑者をめぐっては、日産と三菱自が会長職を解任した一方、ルノーは見送るなど足並みが乱れている。連合の司令塔が不在の状況でも、3社が円滑に連携していくための枠組みづくりが課題になっている。

 ルノーは今後も3社連合の主導権を握りたい考えだが、日産は対等な関係の構築を目指している。ルノーCEOが務めることになっている統括会社トップの選定などをめぐり、連合内での調整は難航が予想される。日産とルノーの資本関係見直しも焦点だが、「(今回の協議では)全くしていない」(益子氏)という。

◇ルノー、日産、三菱自3社連合の経緯

1999年 3月    日産自動車と仏ルノーが資本提携に調印
      6月    ルノー出身のゴーン日産最高執行責任者(COO)就任
2000年 6月    ゴーン日産社長兼COO就任
  01年 6月    ゴーン日産社長兼最高経営責任者(CEO)就任
  05年 4月    ゴーン社長がルノーCEO兼務
  09年 5月    ゴーン社長がルノー会長兼CEO兼務
  16年10月    日産が三菱自動車に資本参加
     12月    三菱自でゴーン会長、益子修CEOの体制発足
  17年 4月    日産でゴーン会長、西川広人社長兼CEOの体制発足
  18年11月19日 東京地検が金融商品取引法違反の疑いでゴーン容疑者を逮捕
        21日 ルノーが暫定トップとしてボロレ副CEO指名
        22日 日産がゴーン会長解任
        26日 三菱自がゴーン会長解任
        29日 ルノー、日産、三菱自3社トップが協議

(注)日付は日本時間

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181130 gougisei 02
  • Thumbnail 181130 gougisei 01

最新記事

コメント