高知・宿毛フェリー、船体仮差し押さえ=燃料代不払い、支払い求め訴訟も

宿毛フェリーの燃料代不払い金額は、約2000万円にのぼるといいます。

 高知県と大分県を結ぶ「宿毛フェリー」(高知県宿毛市)が、船の燃料価格の高騰を理由に、10月から運休している問題で、同社所有のフェリー「ニューあしずり」が燃料代不払いのため仮差し押さえされていることが30日までに、取引先の石油卸業者などへの取材で分かった。

 取引先の「寿燃料」(北九州市)によると、宿毛フェリーの不払い金額は約2000万円。1年半ほど前から、支払いが大きく滞り始め、6月に取引を打ち切ったという。同社は、福岡地裁小倉支部に申し立て、7月4日付でフェリーの仮差し押さえが認められた。9月26日には、支払いを求め同地裁に提訴したという。

 宿毛フェリーの松田美香代表取締役は28日、宿毛市を訪問。運休後初めて県や市の職員に今後の方針を説明した。松田氏は、運航を再開させる意向を示したが、日程などには具体的に言及しなかったという。市の担当者は「物流や観光の面でも市に影響が出ている。航路として存続してほしい」と話した。

 宿毛フェリーは、高知県と県外を結ぶ県内唯一のフェリー定期航路。船に使う燃料費が高騰したとして、先月19日から全便運航を休止し、操航に関わる海上社員15人を全員解雇した。

【了】

Writer: 時事通信

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. ドライバー不足でフェリーに神風
    貨物鉄道はビジネスチャンス?
    気象や世の情勢に左右さない移動手段ならまだしも、浅瀬で取材しても何も掘り出せないしね
    そんな神やチャンスがあるわけないだろうに
    海と陸で互いの経路が寸断された時の提携の話も聴こえやしないし、誰が為の移動手段なのか?

  2. 田原から伊勢へ行くフェリーは大丈夫だろうか?