ドローン衝突防止へ実験=世界初-NEDO、スバルなど

ヘリコプターとドローンの衝突を防ぐ技術の確立を目指します。

Large 181214 nedo 01
衝突回避システムを搭載した無人ヘリコプター=14日午後、福島県南相馬市

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)やSUBARU(スバル)などは14日、無人ヘリコプターに搭載した衝突回避システムの有効性を確認する世界初の飛行実験を福島県南相馬市で行った。ドローン(小型無人機)と有人ヘリが異常接近する事態が相次いでいるため、ドローン普及に向け、衝突を防ぐ技術を早急に確立したい考え。

 この日は事前に決めた航路に沿って時速約40キロで無人ヘリを飛ばし、航路近くに停止飛行している有人ヘリをセンサーで探知する実験を行い、成功した。

 NEDOロボット・AI部の宮本和彦プロジェクトマネージャーは「これからドローンの数はどんどん増えていく。センサーの小型化などを進め、ドローンにも搭載できるようにしていきたい」と語った。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 時事通信

最新記事

コメント