年末年始、国内線前年並み=好調維持の国際線-航空各社

国内線の予約は前年並みの約313万人に上ります。

 国内の航空各社は21日、年末年始(12月28日~1月6日)の予約状況を発表した。国内線の予約は前年並みの約313万人、国際線は好調で前年比4%増の約72万人に上った。

 全日本空輸によると、国内線では北海道方面への予約が好調。今年9月の北海道地震発生により、割引運賃を設定していることなどが背景とみている。

 日本航空では、東北、北陸、中国、四国、九州の各方面が前年を上回っているという。ただ、両社とも予約率で見た場合、前年をやや下回る状況。ピークは下りが12月28~31日、上りが1月4~5日となっている。

 国際線では、北米や欧州など長距離路線の予約に需要が集まっているという。

【了】

Writer: 時事通信

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 名古屋発のアフリカツアー行きたくなった