北陸に最多2638億円=整備新幹線の路線別配分-国交省

北陸新幹線のほか、長崎新幹線、北海道新幹線に建設事業費が充当されます。

 国土交通省は21日、2019年度の整備新幹線建設事業費3963億円の内訳を公表した。22年度末開業予定の北陸新幹線金沢-敦賀間に最も多い2638億円(前年度2250億円)を配分する。

 22年度の開業を目指す九州新幹線長崎ルートの武雄温泉-長崎間には758億円(同830億円)を充当。北海道新幹線は567億円となった。

 北海道は30年度末開業予定の新函館北斗-札幌間に487億円(同370億円)を確保。騒音対策などのため新青森-新函館北斗間には80億円(同30億円)を計上する。

【了】

Writer: 時事通信

最新記事

コメント