山手線で自動運転試験=加減速、乗り心地確認-JR東

列車は山手線外回りを2周しました。

Large 190107 jrejidou 01
自動運転の走行試験を行ったJR東日本の山手線車両=7日午前、東京都品川区の大崎駅

 JR東日本は7日未明、終電後の山手線で自動列車運転装置(ATO)を使った試験走行を報道陣に公開した。社員らが加減速や乗り心地を確認し、実現に向けさらに開発を進めるという。

 JR東によると、山手線での試験は3回目で、車両はE235系の11両編成を使用。7日午前1時50分ごろ、東京都品川区の大崎駅を出発し、距離34.5キロの山手線外回りを2時間余りかけて2周した。1周目は定刻通り、2周目は遅れが発生したという想定で、速度を上げて遅れを回復する運転を試した。

 運転士は出発時にボタンを押すだけで、加速や減速、ホームでの停止は自動的に行われた。最高時速は約80キロに達し、先頭車両に乗り込んだJR東の社員らが運転状況を注視。駅に到着するたび所要時間が車内でアナウンスされていた。

 JR東の得永諭一郎・運輸車両部担当部長は「おおむね順調に試験を終えることができた」と説明。人材の有効活用や安全性の向上につながるとして、「早く実用化できれば」と話した。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. そんな大した技術でもないね
    自動車業界が何兆円も掛けて切磋琢磨してるのに比べたら
    左遷される運転士は20年後にはとんでもなく多いだろうね

    • 鉄道における自動運転はある意味枯れた技術なのでそれほど大したことはありません。
      ただし、本格的な導入までにはホームドアの整備や踏切の全廃という条件が付くでしょう。
      コメントにある運転士が左遷されるよりも寧ろ「運転士の適した人材の確保」が今まで以上に難しくなる時代に備えると言う意味では必要とされると言えるのでは無いかと。

  2. 当然、料金値下げだよね?

    • アホが必ず思いつく「値下げ」というワード。