出国税スタート=一律1000円、観光振興に充当

2019年度の税収見込み額は約500億円といいます。

Large 190107 syukkoku 01
出国手続きのためチェックインカウンターに並ぶ人たち=7日午前、成田空港第2ターミナル

 日本を出国する人から一律1000円を徴収する国際観光旅客税(出国税)が7日、導入された。同日以降に航空券が発券される場合などに課税される。新税導入は1992年の地価税以来27年ぶりで、2019年度の税収見込み額は約500億円。政府は外国語案内の整備など、訪日外国人客の拡大に向けた観光振興策に充てる予定だ。

 出国税は訪日客のほか、観光や仕事目的で海外に行く日本人も対象で、航空券や旅行代金に上乗せして徴収される。入国して24時間以内に出国する乗り継ぎ客や2歳未満の子どもは対象外となる。

 18年の訪日客数は初めて3000万人を突破した。政府は東京五輪・パラリンピックが開かれる20年に4000万人まで増やす計画で、旅行環境や観光資源の整備のほか、日本の情報発信などを強化していく。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 時事通信

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 取れるところから税金を取る自民党
    自民党に投票したやつと学会員が悪い

    • 加えて官僚が裏で糸引いている

      消費税同様、どさくさ紛れで目的外に使う気満々な税金です。