交通量前年度並み=年末年始の渋滞-高速道路4社

渋滞のピークは下りが29日、上りが2日でした。

 東日本、中日本、西日本と本州四国連絡の高速道路会社4社は7日、年末年始(12月28日~1月6日)の高速道路の渋滞状況を発表した。主な区間の1日当たりの平均交通量は、前年度同期比約1%減の3万5800台だった。

 10キロ以上の渋滞は年末の降雪などの影響で前年度より25回増え、197回。渋滞のピークは下りが29日、上りが2日だった。

 最も長い渋滞は、5日午後5時35分ごろ、東名高速道上り大和トンネル(神奈川県大和市)付近を先頭とした40.3キロ。

【了】

Writer: 時事通信

最新記事

コメント