宮崎上空で陸自ヘリにレーザー光=副操縦士、一時視力低下

高遊原分屯地へ帰る途中、レーザー光が約1分間照射されたといいます。

 陸上自衛隊西部方面総監部(熊本市東区)は10日、西部方面航空隊所属の輸送ヘリコプターの副操縦士が昨年10月、宮崎県諸塚村上空で目にレーザー光の照射を受けたと公表した。陸自からの被害届を受け、県警日向署が捜査している。

 同総監部によると、昨年10月24日午後7時25分ごろ、同村上空を飛行中の輸送ヘリ「CH-47JA」に対し、緑色のレーザー光が約1分間照射された。操縦していた副操縦士の左目に当たり、視力が一時低下したが検査で異常はなかったという。

 ヘリは同県日向市沖での夜間飛行訓練を終え、高遊原分屯地(熊本県益城町)へ帰る途中だった。

【了】

Writer: 時事通信

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 何故、今頃になって公表したのか、防衛省内部でも、発表を敢えて控えて我慢していたのか。
    被害を受けた現場の自衛隊員が可哀想です。

  2. 航空機を墜落させようとする行為は、どんなものであれ、堕ちた場所に被害が出るテロですから、
    重大なテロ未遂事象として取り扱って欲しいモノですね。