トヨタ、新型「スープラ」公開=北米自動車ショー開幕

2002年に生産を中止したスポーツ車「スープラ」が復活!

Large 190115 tytsupra 01
北米国際自動車ショーでトヨタ自動車が世界初公開したスポーツ車の新型「スープラ」=14日、米デトロイト

【デトロイト時事】世界有数の自動車見本市、北米国際自動車ショーが14日、米ミシガン州デトロイトで開幕した。電動化や自動運転などの次世代技術に注目が集まる中、各メーカーはデザインや走行性能に優れたスポーツ車や高級車を前面に出し、車の魅力をアピールする。トヨタ自動車は、2002年に生産を中止した往年の人気スポーツ車「スープラ」の新モデルを世界初公開した。

 スープラは独BMWとの共同開発。2人乗りで、排気量3000ccのターボ付き直列6気筒エンジンを搭載する。4秒余りで時速100キロ近くまで加速できる。今年夏から日米など世界各国で順次発売する。米国でのメーカー希望小売価格は4万9990ドル(約540万円)から。

 米ゼネラル・モーターズ(GM)は開幕に先立つ13日、高級車ブランド「キャデラック」から3列シートのスポーツ用多目的車(SUV)「XT6」をお披露目。同ブランド初となる電気自動車(EV)のイメージ画像も公開し、バーラ最高経営責任者(CEO)は記者団に「キャデラックで技術革新をリードする」と述べた。

 ショーは15日までが報道関係者向けで、19~27日に一般公開される。毎年1月に開催されてきたが、来年以降は6月に変更となる。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190115 tytsupra 02
  • Thumbnail 190115 tytsupra 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 散々にエコカー財源を食い荒らした後がこれか
    カローラもそうだが何でカローラを作らないで外国企画のお下がりに車にカローラを継承させるのか?
    今のトヨタは目玉焼きに失敗したから卵焼きと言ってる商品ばかりだろ
    初代プリウスやUCF10型セルシオの社外品に頼らないTOYOTAじゃないトヨタは何処に行ってしまったのか?
    空冷パブリカのような独自のDNAは2度と出まいな