運転士、ひげで低評価違法=市に44万円賠償命令-大阪地裁

「ひげが減点要素とされた点は違法」と裁判長は判断しました。

Large 190116 hige 01
ひげをめぐる訴訟の判決後、記者会見する原告の河野英司さん(右から2人目)ら=16日午後、大阪市北区

 ひげをそらないことを理由に低い人事評価にしたのは、憲法で保障された自由の侵害だとして、大阪市営地下鉄(現大阪メトロ)の運転士2人が、慰謝料など約458万円の支払いを市に求めた訴訟の判決が16日、大阪地裁であった。内藤裕之裁判長は「裁量権の逸脱・乱用だ」として、計44万円の支払いを命じた。

 内藤裁判長は「ひげを生やすか否かは個人的自由に関する事項で、人事考課の内容は人格的な利益を侵害する。ひげが減点要素とされた点は違法」と判断した。

 判決によると、市交通局は2012年に制定した内規に「ひげは伸ばさずきれいにそること」と記載。13、14年度の人事考課で原告の1人は5段階の最低評価、もう1人は下から2番目の評価を2年連続で受けた。

 原告側は「5段階の真ん中の評価だった」と主張したが、同裁判長は認めず、減額された賞与の差額分の請求は退けた。

 判決後に記者会見した原告の河野英司さん(56)は「主張がほぼ認められ、うれしいしほっとしている」と話した。

 大阪市都市交通局の話 判決の内容を精査し、対応を検討したい。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 京都市バスのブレーキ鳴き乗務拒否、今回のヒゲ問題、アホを一段高いところで踊らせる危険性の典型だな

  2. 似合うんなら良いけど、大抵は似合ってないのに生やしているからなあ。
    おかしくて吹き出しそうになることもある。
    笑いをそこでとらないで欲しい。

  3. こういバカ共に人を運ばせるな
    裁判所も国交省とグルなのか?
    アホ緩和で乗客が危険に晒される時代にくだらん裁判するな

    • 大阪痴呆裁判所ですし。

      ただ、真面目な話で就労時点での規約と、
      毎日点呼しているはずで、
      その時点で止めに入ったか。
      その辺りでも変わって来るだろうな。