フル規格化の影響懸念=九州新幹線で与党委員長に-佐賀知事

面談は非公開で行われました。

 九州新幹線長崎ルート(博多-長崎)に関する与党検討委員会委員長の山本幸三自民党衆院議員は18日、佐賀県庁で山口祥義知事と面談し、県内の未整備区間をめぐり意見交換した。山口知事は面談後、未整備区間のフル規格化について県負担分の財源問題だけでなく、県内の在来線に及ぼす影響などへの懸念を山本氏に伝えたことを明らかにした。

 面談は非公開で行われ、山口知事は記者団に「仮にフル規格ということになれば、これは新しい課題。この方程式を解くのは非常に難しい」と述べた。

 山本氏は佐賀県分の負担軽減策については「(政府が)いろいろ考えていると思う」と述べるにとどめた。県の試算ではフル規格化した場合、1100億円程度の追加負担になる。

【了】

最新記事

コメント