EV電池で新会社=20年、中韓勢に対抗-トヨタ・パナソニック

共同生産した電池は、ダイハツや提携各社などに供給したい考えです。

 トヨタ自動車とパナソニックが2020年に共同で、電気自動車(EV)向けなど車載用電池で新会社を設立することが20日、分かった。出資比率はトヨタ51%、パナソニック49%となる見通し。自動車の電動化をめぐっては、中核技術の電池で中国や韓国といった海外メーカーが台頭。新会社設立により、コスト競争力の向上と次世代技術の開発強化を図る。週内にも発表する。

 パナソニックは大口顧客である米EV大手テスラ向け車載電池工場を除き、兵庫県や中国・大連などに構える5カ所の工場を新会社に移管。20年代前半からはハイブリッド車(HV)用の約50倍の容量を持つEV向け電池の量産を本格化する。

 共同生産した電池は、トヨタ子会社のダイハツ工業や提携関係にあるマツダ、SUBARU(スバル)のほか、他メーカーにも供給したい考え。大容量で安全性が高いとされる、全固体電池など次世代電池の開発にも共同で取り組む。

 トヨタとパナソニックはすでにHV向け電池で提携関係にあるが、車の電動化を見据え、17年12月にEV向けでも提携を検討すると発表していた。車載電池市場では、パナソニックが17年に中国メーカーに世界首位の座を奪われるなど、競争が激化している。

【了】

最新記事

コメント