羽田増枠、半分が日米路線=1日24便、東京五輪の20年に-石井国交相

 石井啓一国土交通相は12日の閣議後記者会見で、東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年に予定される羽田空港の国際線発着枠拡大について、1日当たり約50便(往復)の増枠分のうち約半数を日米路線に割り当てる方針を明らかにした。

 国交相は「米国との意見交換で米への配分を12便とする共通認識に至った」と説明。国際線の新たな発着枠は日本と相手国の航空会社に同数ずつ配分される慣行となっているため、計24便が日米路線への割り当てとなる。残りの拡大枠については他国と割り当て交渉を続ける。 

 羽田増枠のために必要な新ルートは、一部が米軍横田基地(東京都福生市など)の空域を通過するが、これまで在日米軍が行っていた航空管制を日本側が行うことで両国が合意した。国交省は新ルートに関する住民説明会で了解が得られ次第、増枠の正式な手続きに入る。

【了】

最新記事

コメント