仏政府、日産・ルノーと直接協議=昨春、経営統合めぐり-米紙

 【ニューヨーク時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は12日、フランス政府関係者が昨年4月、日産自動車と仏自動車大手ルノーの幹部らと、両社の経営統合の可能性について直接協議していたと報じた。統合を求める仏政府の提案に日産は強く反対したという。

 報道によると、仏政府は日産に対し、ルノーとの経営統合は両社の株主の利益になると説いた文書を送付。その数日後に開かれた協議で、日産幹部は文書の内容に不満を示す一方、出資比率などの面でルノー優位の提携関係を見直したいとの意向を示した。 

 同紙は、その後、提携の在り方をめぐる協議で日産側と仏政府・ルノー側の緊張が高まったと指摘。昨年11月のカルロス・ゴーン被告の逮捕をきっかけに双方の意見対立が表沙汰になったと伝えた。

【了】

最新記事

コメント