相乗りタクシー導入を=民間議員が提言-未来投資会議

 政府は7日、未来投資会議(議長・安倍晋三首相)を開き、地域の交通手段の在り方について議論した。この日は、民間議員が「相乗りタクシー」の導入に向け、2019年度内に運賃の算定や値引きの方法についての基本的な考え方を整理し、関係省庁が通達などを出すよう提言した。

 政府は、今夏にまとめる成長戦略に反映させる方針。見知らぬ乗客同士が共同利用することで運賃も安くなる相乗りタクシーは18年、タクシー会社と国土交通省が東京都内で実証実験を行い、利用客の約7割が「再度利用したい」と回答した。導入が進めば過疎地域などで住民が割安にタクシーを利用できるとみられる。 

 民間議員はまた、地域交通維持のため市町村が運行するコミュニティーバスなど、自家用車による有償旅客運送制度の改善を提案した。

【了】

最新記事

コメント