日本企業に不満も=「支払い滞り赤字」-インドネシア地下鉄

 【ジャカルタ時事】日本が全面的に関わったインドネシア初の地下鉄は、事業の遅れが日常茶飯事の国で目標通り「3月開業」にこぎ着けた。まだ工事が終わっていない場所があるなど駆け込み感は強いが、中国が受注した高速鉄道は数年単位で完工が遅れる中、日本ブランドの面目躍如となった。その陰で、受注した日本企業からは「支払いが滞り、赤字になった」との悲鳴が漏れる。

 大量高速鉄道(MRT)は円借款の事業で、受注企業への工事費は国際協力機構(JICA)が支払う。ただ、支払いには事業主「MRTジャカルタ」の許可が必要で、複数の関係者によると、「不合理な払い渋り」が相次いだ。 

 このため、多くの日本企業は材料費や人件費を支払うための借金を強いられ、「利子分が丸損になった」「どの社も真っ赤っか」。元請けだけでなく、下請けにもしわ寄せが及んだ。第三者機関に仲裁を頼んだり、「リスクが大き過ぎる」と第2期事業への入札を見送ったりする企業があるという。

【了】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. やっぱり、こんなことだろうと思った。
    赤字は、日本政府に請求するべきだ。あの国は中抜きをすることがわかってて日本の企業に頼みこんだんだから。中国と同じように損害賠償を請求するべきだろう。借金の逃げ得は世界商取引として許せない。