中国、エアバス300機購入へ=習主席と仏大統領が会談

 【パリ時事】フランスのマクロン大統領は25日、訪仏した中国の習近平国家主席とパリで会談した。マクロン氏は会談後の共同記者会見で、中国が欧州航空機大手のエアバス機300機を購入する契約を締結したと明らかにした。当初予定の184機から大幅に増加しており、中国との貿易不均衡に不満を持つ欧州に中国側が配慮した形だ。

 マクロン氏は記者会見で、「相互利益を尊重し均衡の取れた経済・貿易関係」の重要性を強調。習主席に対し、貿易不均衡の是正に取り組むよう重ねて呼び掛けた。 

 欧州連合(EU)の間で中国の投資拡大による域内の分断を懸念する声が高まっていることを考慮し、習主席は「欧州の統合と発展を常に支持する」と改めて主張した。

 習主席は26日、マクロン氏とドイツのメルケル首相、EUのユンケル欧州委員長との4者会談に臨む。中国とイタリアがシルクロード経済圏構想「一帯一路」の推進で合意に至ったことを受け、欧州は安全保障などの面で警戒感を強めている。

【了】

最新記事

コメント