日本郵便、電気自動車1200台導入=ガソリン車から転換

 日本郵便は26日、郵便物や宅配便「ゆうパック」の輸送車両から排出される二酸化炭素を削減するため、近距離配送用の軽四輪配送車1200台を現行のガソリン車から電気自動車に切り替えると発表した。2019年11月にまず200台を導入。その後20年度末までに順次置き換えを進める。

 今回採用するのは三菱自動車製の電気自動車「ミニキャブ・ミーブ バン」。渋滞の多い東京都内と近郊の政令指定都市の郵便局での配達に活用する。日本郵便は現在、3万1000台の軽四輪ガソリン車を配送に使っており、このうち1200台が電気自動車に入れ替わる。

 同社は13年度から電気自動車による配送実験を進めていた。今後はさらなる導入拡大も検討する。

【了】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ゼロスポーツ潰しといていい気なもんだ。