電気自動車1200台導入=温室効果ガス削減-日本郵便

 日本郵便は26日、郵便物や宅配便「ゆうパック」の近距離配送用の軽自動車について、現行のガソリン車から計1200台を電気自動車に切り替えると発表した。温室効果ガスの二酸化炭素の排出を削減するのが目的。今年11月に200台を導入した後、2020年度末までに順次切り替える。 

 渋滞の多い東京都内や大都市での活用を想定している。日本郵便は現在3万1000台の軽自動車を近距離配送に使っている。13年度から50台の電気自動車を導入し、配送実験を進めていた。

【了】

最新記事

コメント