米カジノ運営ウィン、豪クラウンの買収交渉打ち切り

 【シドニー時事】米カジノ運営大手ウィン・リゾーツは9日(米国時間)までに、オーストラリアの同業クラウン・リゾーツに対して買収を提案した。だが、交渉の詳細が開示されたとして、協議を打ち切ると表明した。

 クラウンはこれに先立ち、豪紙報道を受けて声明を発表し、ウィンから買収の提案があったと認めた。買収総額は約100億豪ドル。提示された買収案は現金とウィン株式を半分ずつ織り交ぜた方式で、価格はクラウン株式1株当たり14.75豪ドル相当という。

 一方、ウィンは声明で「暫定的な協議が時期尚早に開示されたことを受けてクラウンとの全ての協議を打ち切る」と表明した。

 クラウンは、中国で富裕層らをカジノに勧誘したとして、2016年にオコナー副社長を含め19人が賭博勧誘の罪で逮捕された。最近では、米ラスベガス進出計画を断念し、マカオからも撤退するなど海外業務を縮小。中国を中心としたアジアの富裕層の利用が減少している影響もあり、利益が伸び悩んでいる。

 クラウンはメルボルンやパース、ロンドンでカジノ併設型ホテルを展開。豪大富豪ジェームズ・パッカー氏が46.1%の株式を保有している。

【了】

最新記事

コメント