中古車販売、4年連続増=400万台は届かず-18年度

 日本自動車販売協会連合会が10日発表した2018年度の中古車販売台数(軽自動車除く)は、前年度比0.4%増の384万2947台と、4年連続のプラスだった。ただ、400万台の大台を10年続けて下回り、低迷は脱していない。

 内訳は、普通乗用車が3.4%増と好調だった半面、小型乗用車は3.4%減と不振。小型車の新車販売が落ち込んでいるため、下取りに出される良質な中古車が減少したとみられる。貨物車は1.7%増と堅調だった。 

 販売台数は、中古車の新規登録、所有権移転に伴う名義変更、使用者名の変更登録の合計。

【了】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 下取り車を高く売って新車に安く乗りたいという傲慢にはマジ笑える
    またまだ走れる車を永久抹消することを条件に新車購入補助金を出した頃の解体工場は異様な空気でしたからね