墜落のF2戦闘機回収=山口沖、原因を調査-空自

 航空自衛隊築城基地(福岡県)のF2戦闘機が2月、山口県沖の日本海に墜落した事故で、機体の大部分とフライトレコーダーが、水深約100メートルの海底から回収されたことが15日、空自への取材で分かった。空自はフライトレコーダーを解析し、事故原因の調査を進める。

 事故は2月20日発生。戦闘訓練中に機体のコントロールを失い墜落した。緊急脱出した乗員2人の話などから、操縦ミスの可能性が高いとみられている。

【了】

最新記事

コメント