新型EV、続々登場=市場争奪戦が本格化-上海モーターショー

 【上海時事】世界最大の自動車市場、中国で16日、上海モーターショーが開幕した。経済の先行き不安が強まる中、中国の新車販売は減少傾向が続くが、電気自動車(EV)など新エネルギー車は急増し、2020年には200万台を突破する見通しだ。今年からはメーカーに一定比率の新エネ車生産・販売を義務付ける規制がスタートし、補助金など政策支援を受けた地場メーカーに比べ出遅れていた海外有力メーカーも続々と新型EVを披露。中国エコカー市場の本格的な争奪戦が始まった。

 日系ではトヨタ自動車がスポーツ用多目的車(SUV)「C-HR」と「IZOA」のEVモデルを世界初公開。中国で初めて投入するEVとして、20年に発売する方針を発表した。吉田守孝副社長は「中国は電動化、知能(スマート)化、情報化の技術革新で世界をリードしている」と強調した。

 ホンダは中国専用EVでは2車種目となるSUVのコンセプトカー「X-NV」を発表。今年後半に発売する。中国本部長の水野泰秀常務執行役員は、20年にはプラグインハイブリッド車(PHV)も追加し、「25年までに20車種以上の電動化モデルを投入する」と表明した。

 欧米系では米ゼネラル・モーターズ(GM)が「ビュイック」ブランドから初のEVを披露。1年目の販売目標を5万台に設定した。蔚来汽車(NIO)など中国EVベンチャーも高い関心を集めた。 

 中国は外資系メーカーに合弁生産を義務付け、技術の吸収や育成に努めてきた。ただ、ガソリン車の技術格差は埋まらず、EVシフトで形勢逆転を目指しているとの見方が多い。大気汚染や石油依存の緩和といった狙いも電動化を後押しする。日産自動車の中国合弁トップ、内田誠総裁は「プレーヤーが非常に増えた。競争が激化するのは間違いない」と話している。

【了】

最新記事

コメント