ソフトバンクと中国滴滴、東京・京都でもスマホ配車=全国13都市で展開へ

 ソフトバンクと、中国の配車アプリ大手の滴滴出行の合弁会社「DiDiモビリティジャパン」(東京)は24日、スマートフォンを使ったタクシーの配車サービスを東京と京都で始めた。今後もサービス提供地域の拡大を進め、今年度中に北海道や兵庫、福岡など全国13都市での展開を目指している。 

 専用のアプリでタクシーの乗車位置や目的地を入力すると人工知能(AI)が情報を分析して近くにいるタクシーが配車される仕組み。昨年9月から大阪でサービスを開始した。

 東京では23区と武蔵野市、三鷹市と成田空港からの送迎、京都では京都市を中心とした地域で利用できる。利用の促進のために、東京限定で迎車料金を無料にするキャンペーンを行う。

【了】

最新記事

コメント