いかり二つ使わず流される=タンカーの関空連絡橋衝突-運輸安全委

Large 20190425at02s p
台風21号の影響で、関西空港の連絡橋に衝突したタンカー「宝運丸」(2591トン、全長89メートル)=2018年9月4日、大阪府泉佐野市(関西空港海上保安航空基地提供)

 大阪湾内で昨年9月、台風21号の強風に流されたタンカー「宝運丸」(2591トン)が関西国際空港(大阪府)の連絡橋に衝突した事故で、運輸安全委員会は25日、同船がいかりを二つ使わず、一つだけで停泊する「単錨泊」を続けたことなどにより、とどまりにくい状況になったとする調査報告書を公表した。

 事故は昨年9月4日に発生。衝突により、連絡橋の道路や鉄道が損傷したり、ゆがんだりしたため、空港島が一時孤立状態となった。当時、船長を含め11人が乗船していたが、けが人はいなかった。宝運丸は鶴見サンマリン(東京都)が運航していた。 

 報告書によると、宝運丸の船長は台風の進路を影響が比較的小さい同船の東側と判断し、空港島の南東約1.8キロの近距離に停泊。海上保安庁は空港島から原則として約5.5キロ以上離れた場所への停泊を呼び掛けていたが、船長は把握しておらず、いかりを引きずりながら流されたと考えられる。いかりを一つにとどめたことで、流されやすくなっていた。

 鶴見サンマリンも船長に対して台風や停泊場所に関する情報提供をせず、安全運航についての協議もしなかったとして、運輸安全委は「事故の発生に関与した可能性がある」と指摘した。

 その上で、運輸安全委は鶴見サンマリンに対し、台風などの気象状況の際に運航船舶への情報提供などを求める勧告を出した。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. また追々の責任追求か?この類の後出しジャンケン事故調査にはうんざりするな
    どこかでガス抜きをして早々に決着させようとするやりかたに物言いを付ける者すら居ない始末
    実に嘆かわしい

  2. 何で今更にアンカーの件が頭をもたげてくるのか、これ事故調査じゃなくて複数の原因を絞り込んで選択した調査報告じゃないの?、例えば自動車事故などは車の欠陥が炙り出せないと診るや次の一手のようにドライバーに対して矛先向けてくるけど?そんなに無実に人を葬りたいのかね?

  3. このような事故の再発を防止・減少させるために要因分析を行うことに対して難癖をつけるのはいただけない。

    • 貴殿は本当に要因分析した結果だとお思いなのか?
      当時の台風の進入路と勢力を覚えておいででしょうか?
      先ずは罪人をしたてて後に罪状を肉付けしていく粘土細工みたいな事故調査が今後の海難事故防止に何の役を果たせるのでしょうかね?
      例えば~、これが外国籍の船舶であったなら同じ調査報告を出したでしょうかね?

    • 罪人がどうこうなんてものは事故原因の追究の障害にこそなれ、再発防止には何の役にも立たないのはご存知かと思われますが、再発防止の観点からの原因追究に対してまで無意味と批判されていたようにしか読み取れませんでしたので、そうあってはならないと言ったまでです。

    • はのい様、横入りで申し訳ありません
      罪人どうのこうの?そこが要であることがお分かりでないようなので一言!
      事故に限らず事件もそうですが、調査、捜査は既に罪人をみたてて形にはめて裁く一連の調査や捜査の流れ作業にドップリ浸かってるんですよ。
      ペーパードライバーにゴールドを与えるような免許証歴重視のシステム
      そのくせ事故の時は運転経験と言うところで罪を量りにかけてくる始末ですから
      これって海だから空の輸送だからとて調査と捜査の根元では水面下でつながってしまってるんですよ
      本来は異常なまでに窓口広げた事業を認可する側の組織も叩くべきでも中々自分や身内に鞭打つ人なんていないですよね?

    • 本当に君が言う追究ならいいんだけどね、近頃は間抜けな許可や検査や認定が災いしちゃって当たり前に事故が発生すると火消しにやっきになって追及臭がプンプンするんだけどね。
      以前の我が家は隣と背中合わせの狭い住宅街にあったけど緊急車も入れない始末の地区のくせに建築や消防検査でダメ出しできない役所や消防とか
      そんな連中の検査に調査なんて最初から信用してねーから引っ越ししたけどね