JR北、過去最大の赤字=179億円、震災で収入減-19年3月期

 JR北海道が26日発表した2019年3月期連結決算によると、純損失は前期(87億円)の約2倍の179億円で、過去最大の赤字となった。売上高に相当する営業収益は前期比1.6%減の1710億円。昨年9月の台風21号や北海道胆振東部地震で鉄道運輸収入が減少したことが響いた。 

 鉄道運輸収入は震災による運休などで2.2%減の712億円。復旧工事やバスによる代行の経費もかさんだ。震災以外では、札沼線の一部区間廃線に伴い30億円の特別損失を計上した。

 一方、20年3月期は、営業収益が前期比1.0%増の1727億円、純損益が17億円の黒字を見込む。震災で前期に落ち込んだ鉄道運輸収入が回復する上、10月の消費税増税に合わせて実施する運賃改定が収益にプラスに働くとみている。

【了】

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 庶民の交通手段なので国が援助して確保すべきと思います。

    • 北海道の過疎地だったら総合輸送的に考えたらバスやコミュニティタクシーの方が安くついていいと思うよ。