宇宙からガンダムが応援=東京五輪中、衛星に搭載-組織委など

Large 20190515at39s p
東京五輪・パラリンピックの応援企画を発表し、撮影に応じる(左から)宇宙飛行士の金井宣茂さん、東京2020組織委員会の室伏広治さん、機動戦士ガンダムの富野由悠季監督、東大の中須賀真一教授=15日午後、東京都千代田区

 2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、大会組織委員会と宇宙航空研究開発機構(JAXA)、東京大は15日、アニメ「機動戦士ガンダム」の模型を載せた人工衛星を宇宙に放出すると発表した。世界的にも知名度の高いガンダムを起用し、宇宙から応援メッセージを発するなどして大会を盛り上げたい考えだ。

 搭載されるのは主人公が乗る「ガンダム」とライバルが乗る赤い「ザク」の模型。宇宙の過酷な環境に耐える特殊樹脂で作製され、縦横10センチ、長さ30センチの超小型衛星の内部に組み込まれる。

 国際宇宙ステーションに輸送後、20年3~4月ごろ宇宙に放出。その後衛星の外側に模型を立たせ、地球を背景に写真撮影などに挑む。

 模型の目の部分は五輪カラーに発光。足元に設置した電光掲示板にさまざまな応援メッセージを表示してカメラで撮影し、地上で受信してSNSなどに掲載する。

 15日の発表会にはガンダムの生みの親、富野由悠季監督らが出席。大会組織委の室伏広治スポーツディレクターは「宇宙から応援してくれているという意味で、選手も頑張るのでは」と話した。 

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 「少佐ー。助けてください。減速できません。シャア少佐、助けてください。」

    「ク、クラウン。ザクには大気圏を突破する性能は無い。気の毒だが・・・。 しかしクラウン、無駄死にではないぞ。お前が連邦軍のモビルスーツを引き付けて置いてくれたおかげで撃破することができるのだ。」

    おい…。