岩国F35Bにバードストライク=機体損傷、「クラスA」事故-米海兵隊

Large 20190515at82s p
岩国基地の米海兵隊の最新鋭ステルス戦闘機F35B=2017年9月(米海兵隊ホームページより)

 岩国基地(山口県岩国市)で今月、米海兵隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Bが、鳥と衝突する「バードストライク」で機体を損傷していたことが15日までに、在日海兵隊への取材で分かった。

 米軍が詳しい状況を調査しているが、初期の評価では、機体の損傷は200万ドル(約2億円)超と推定され、事故の重大さを示す評価で最も深刻な「クラスA」に該当する。詳細は不明だが、エンジンが損傷した可能性がある。

 海兵隊によると、7日に基地から離陸する際、バードストライクによる異常が発生。離陸を中止した。海兵隊は「滑走路から安全に移動し、負傷者や施設の被害はなかった」としている。

 防衛省は「米側に事実関係を確認中」としている。 

 F35Bは1人乗りの単発機で、短距離離陸・垂直着陸能力を持つ。2017年に岩国基地に16機配備された。18年4月には、航空自衛隊築城基地(福岡県)に緊急着陸している。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント